MENU

専業主婦でもお金を借りることはできる!

 

  • 専業主婦はお金を借りることなんかできない
  • キャッシングの申込はできても収入のない専業主婦なんか審査に通るはずがない

なんて思っていませんか?

 

確かにほぼ全ての消費者金融では総量規制の関係もあり収入のない専業主婦は申込不可になっています。銀行のカードローンでは審査は可能なものの収入のある配偶者の審査をしなければなりませんし、それでも配偶者に十分な与信がないと厳しい審査になると考えられます。

 

しかも旦那の会社に在籍の確認の電話も掛かったりしますので迷惑が掛かりますし、だいいち旦那にバレずに借りたいのに一発でばれてしまうという事態になります。しかし、

 

 

    借入枠を小額に限定した銀行カードローンなら専業主婦でも申込めます!


収入証明書の提出の必要もありませんし、在籍確認もありませんので旦那にもバレずにキャッシングできるのです。
借入枠を小額に限定した専業主婦専用銀行カードローン

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

専業主婦の借入枠最高30万円という枠があるので収入証明なし家族に内緒で申込めるじぶん銀行カードローンは銀行口座の制限なく手持ちの口座へ最短即日融資可能なので今すぐ借りたい専業主婦に最適な専業主婦カードローンです。月々の返済額も1,000円からと最少額になっている点も使いやすさのポイントです。
auユーザーなら金利0.1%優遇されます(借り換え利用なら金利1.9%〜12.5%に優遇)のでauユーザーは見逃せません。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円
スターカードローン【東京スター銀行】

低金利な銀行で有名な東京スター銀行のカードローンスターカードローンも専業主婦の申し込みが可能です。専業主婦の申込希望額が300万円以下なら収入証明書も不要ですので家族に内緒で申込めます。
東京スター銀行の口座スターワン口座を持っていれば平日正午までのWEB契約完了で即日融資も可能になっており、月々の返済額は5,000円からになっています。

金利 年利 4.5%〜14.6%
限度額 10万〜500万円以下

静岡銀行カードローンセレカも限度額300万円まで収入証明不要なので専業主婦なら必要ない条件になっています。専業主婦の申込が可能なカードローンで唯一最短30分のスピード審査も魅力になっています。
手持ちの口座に最短即日融資可能なのも魅力で全国に対応しています。月々の返済額も2,000円からと小額。

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 10万〜500万円まで

パートなどで安定収入があればスピード融資のキャッシングにも申込める

 

  • 時間が遅くなっても自動契約機で即日カード発行できる消費者金融に申込みたい!
  • 今回のみなので無利息サービスがある消費者金融で申込んで利息を少なくしたい!

という主婦の方でもパート等で安定収入があればその収入で消費者金融に申込が可能になります。もちろん消費者金融のメリットである

 

 

  • 主婦でもしっかり審査してくれる審査能力がある
  • 即日振込みの可能時間が平日14:00までに契約完了と長い
  • 契約完了すれば最寄の自動契約機(全国に多数設置)で即日カード発行ができる
  • 無利息サービスがあり早めに完済すれば銀行カードローンよりも利息が低くなる

パートなどで定期的収入があればスピード融資のキャッシングも申込める

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

銀行にないサービス初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用できるのでパートで安定収入のある方はプロミスで乗り切るのが最適。主婦の方も安心のレディースキャッシングも用意されています。違いは女性オペレーターが必ず対応してくれると言う点です。
急ぎでお金が必要な主のニーズにもバッチリ対応してくれる即日融資サービスでピンチを切り抜ける事ができます。月々の返済も月々1,000円からとなっています。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムも銀行にないサービス最大30日金利ゼロサービスを利用できるのでパートで安定収入のある方ですぐにお金が必要と言う主婦の方はアコムでの利用も可能。クレジットカードが作れない主婦の味方のアコムマスターカードもパートで安定収入のある方なら審査可能です。
急ぎでお金が必要な主のニーズにもバッチリ対応してくれる即日融資サービスでピンチを切り抜ける事ができます。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

配偶者貸付で総量規制の例外に

総量規制の対象業者は収入の無い専業主婦ではほぼお金を借りる事はできないというのは前述のとおりです。しかし総量規制には

 

 

収入のある配偶者と合算して年収の1/3の範囲内なら貸してもいいとした総量規制の例外である配偶者貸付というものがあります。


但しこれに沿って貸し出すには、

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書
  • 収入のある配偶者との婚姻関係を証明する書類
  • 一定の額以上は収入のある配偶者の収入証明書

が必要になってくるわけなので、ほとんどの総量規制対象業者は配偶者貸付をしていないのです。しかし編集部調査で配偶者貸付をしているカードローンがありました。

配偶者貸付が可能なカードローン
ベルーナノーティス
ベルーナグループ

ベルーナノーティス

実質年率 8.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜100万円

仕事をしていない専業主婦でもお金を借りることはできますか?

専業主婦とは、通常の場合パートやアルバイトといった仕事をしておらず個人的に収入を得ていない人をいいます。

 

 

収入がない状態でお金を借りることができるのか?


基本的にはお金を借りるためには収入を得ているということが前提となり、その収入源の確認の為に在籍確認があるのです。ただしそれは消費者金融を利用してお金を借りる場合です。

 

アコムやプロミスといった消費者金融業者はスピーディーな審査と利便性の高さが大きなメリットとなっていますが、こうしたところからお金を借りるためには個人的に収入を得ていないと利用ができません。

 

そう、仕事をしていない専業主婦の場合は総量規制により消費者金融からお金を借りることができないのです。

 

 

では専業主婦の人がお金を借りるにはどうすれば良いのか?


といえば、方法としては消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用するといった方法になります。専業主婦の人が銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合の要件となるのが配偶者の収入です。

 

消費者金融では申し込んできた人本人の状況を確認して融資可能かどうかを判断する(総量規制によりそうせざるを得ない)のに対し、銀行では本人に加えて配偶者の人の状況も含めて融資可能かどうかを確認しています。つまり、自身が仕事をしていない専業主婦であっても

 

 

配偶者に安定収入があればその人の収入をもとに銀行でお金を借りることができるのです。


もちろんお金を借りるにあたって配偶者の人が審査対象となりますので、その人の経歴などに問題があればもちろん融資が受けられない可能性は十分にあります。また、もうひとつの注意点としては、銀行でお金を借りることができたとしても

 

 

それほど多くの金額を借りることはできないという点です。


もっとも、これについてはもともと個人的な収入を得ているわけではないのであまりたくさんのお金を借りるとなると返済が大変になりますので、その意味では逆に借りすぎない方が良いかもしれません。なお、利用の前には念のため配偶者の人に相談して同意を得ておくと手続きがスムーズに進みます。

更新履歴