MENU

専業主婦でもお金を借りることはできる!

 

  • 専業主婦はお金を借りることなんかできない
  • キャッシングの申込はできても収入のない専業主婦なんか審査に通るはずがない

なんて思っていませんか?

 

確かにほぼ全ての消費者金融では総量規制の関係もあり収入のない専業主婦は申込不可になっています。銀行のカードローンでは審査は可能なものの収入のある配偶者の審査をしなければなりませんし、それでも配偶者に十分な与信がないと厳しい審査になると考えられます。

 

しかも旦那の会社に在籍の確認の電話も掛かったりしますので迷惑が掛かりますし、だいいち旦那にバレずに借りたいのに一発でばれてしまうという事態になります。しかし、

 

 

    借入枠を小額に限定した銀行カードローンなら専業主婦でも申込めます!


収入証明書の提出の必要もありませんし、在籍確認もありませんので旦那にもバレずにキャッシングできるのです。
借入枠を小額に限定した専業主婦専用銀行カードローン

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

パートなどで安定収入があればスピード融資のキャッシングにも申込める

 

  • 時間が遅くなっても自動契約機で即日カード発行できる消費者金融に申込みたい!
  • 今回のみなので無利息サービスがある消費者金融で申込んで利息を少なくしたい!

という主婦の方でもパート等で安定収入があればその収入で消費者金融に申込が可能になります。もちろん消費者金融のメリットである

 

 

  • 主婦でもしっかり審査してくれる審査能力がある
  • 即日振込みの可能時間が平日14:00までに契約完了と長い
  • 契約完了すれば最寄の自動契約機(全国に多数設置)で即日カード発行ができる
  • 無利息サービスがあり早めに完済すれば銀行カードローンよりも利息が低くなる

パートなどで定期的収入があればスピード融資のキャッシングも申込める

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

銀行にないサービス初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用できるのでパートで安定収入のある方はプロミスで乗り切るのが最適。主婦の方も安心のレディースキャッシングも用意されています。違いは女性オペレーターが必ず対応してくれると言う点です。
急ぎでお金が必要な主のニーズにもバッチリ対応してくれる即日融資サービスでピンチを切り抜ける事ができます。月々の返済も月々1,000円からとなっています。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

アコムも銀行にないサービス最大30日金利ゼロサービスを利用できるのでパートで安定収入のある方ですぐにお金が必要と言う主婦の方はアコムでの利用も可能。クレジットカードが作れない主婦の味方のアコムマスターカードもパートで安定収入のある方なら審査可能です。
急ぎでお金が必要な主のニーズにもバッチリ対応してくれる即日融資サービスでピンチを切り抜ける事ができます。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

配偶者貸付で総量規制の例外に

総量規制の対象業者は収入の無い専業主婦ではほぼお金を借りる事はできないというのは前述のとおりです。しかし総量規制には

 

 

収入のある配偶者と合算して年収の1/3の範囲内なら貸してもいいとした総量規制の例外である配偶者貸付というものがあります。


但しこれに沿って貸し出すには、

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書
  • 収入のある配偶者との婚姻関係を証明する書類
  • 一定の額以上は収入のある配偶者の収入証明書

が必要になってくるわけなので、ほとんどの総量規制対象業者は配偶者貸付をしていないのです。しかし編集部調査で配偶者貸付をしているカードローンがありましたが余り良くないようです。

仕事をしていない専業主婦でもお金を借りることはできますか?

専業主婦とは、通常の場合パートやアルバイトといった仕事をしておらず個人的に収入を得ていない人をいいます。

 

 

収入がない状態でお金を借りることができるのか?


基本的にはお金を借りるためには収入を得ているということが前提となり、その収入源の確認の為に在籍確認があるのです。ただしそれは消費者金融を利用してお金を借りる場合です。

 

アコムやプロミスといった消費者金融業者はスピーディーな審査と利便性の高さが大きなメリットとなっていますが、こうしたところからお金を借りるためには個人的に収入を得ていないと利用ができません。

 

そう、仕事をしていない専業主婦の場合は総量規制により消費者金融からお金を借りることができないのです。

 

 

では専業主婦の人がお金を借りるにはどうすれば良いのか?


といえば、方法としては消費者金融ではなく銀行のカードローンを利用するといった方法になります。専業主婦の人が銀行のカードローンを利用してお金を借りる場合の要件となるのが配偶者の収入です。

 

消費者金融では申し込んできた人本人の状況を確認して融資可能かどうかを判断する(総量規制によりそうせざるを得ない)のに対し、銀行では本人に加えて配偶者の人の状況も含めて融資可能かどうかを確認しています。つまり、自身が仕事をしていない専業主婦であっても

 

 

配偶者に安定収入があればその人の収入をもとに銀行でお金を借りることができるのです。


もちろんお金を借りるにあたって配偶者の人が審査対象となりますので、その人の経歴などに問題があればもちろん融資が受けられない可能性は十分にあります。また、もうひとつの注意点としては、銀行でお金を借りることができたとしても

 

 

それほど多くの金額を借りることはできないという点です。


もっとも、これについてはもともと個人的な収入を得ているわけではないのであまりたくさんのお金を借りるとなると返済が大変になりますので、その意味では逆に借りすぎない方が良いかもしれません。なお、利用の前には念のため配偶者の人に相談して同意を得ておくと手続きがスムーズに進みます。

専業主婦・パート主婦のお金を借りる時の注意点やQ&A・体験談

 

平成28年夏頃にアコムの無人契約機にてカードローンの申し込みを行いました。40代の派遣社員の主婦です。機械操作が苦手なので、タッチパネル操作でカードローンが発行できる無人契約機を利用することにしました。

 

やはり手軽に利用することができるので便利です。人目につかずに申し込みができますし、タッチパネル操作で扱い方が分からなくなったら設置されている電話機を利用するとオペレーターの方へつながり、操作方法を説明してくれるので満足感があります。

 

運転免許証を持参すれば、その場で申し込んでカードローンを発行することができますし、スピーディに審査も対応してくれます。平日14時までに手続きを行えば、即日融資も可能だったので午前中、無人契約機を利用して手続きしました。

 

審査結果も30分前後で分かり、その場でカードローンを発行することができました。主人のサインも不要で申し込みができ、審査に通ったので無人契約機にてカードの受け取りもでき、借入もできたのでお金の準備がすぐできました。急に身内の冠婚葬祭があり、また子供の教育費なども必要だったため、まとまったお金が必要になった時期だったのでカードローンの申し込みを行うことにしました。

 

今回、カードローンを利用してお金の準備がすぐできたので成功でした。カードローンの申し込みを行う場合、即日融資を希望しているのであれば手続きする時間帯は確認が必要です。平日14時までなど決まりがあります。


 

息子が高校生になり入学に予想以上にお金が掛かり、用意していたお金では足りなくなってしまいました。部活のユニフォームや道具代の費用分のお金が用意出来ず困ってしまいました。

 

しかし息子にお金がないから部活に入るなとは言えず、悩んだ末に消費者金融でお金を借りる事にしました。どこの消費者金融にするか迷いましたが、初回のみの無利息期間があるプロミスに申し込みをする事にしました。

 

平成25年に家のパソコンからプロミスに申し込みを行いました。主婦ではありますがパートで安定した収入があるので、審査に関しては大きな心配はしていませんでしたが、それでももし審査に通らなかったらという心配は頭を過りました。申込みの確認の電話が私の携帯電話に掛かって来ました。

 

その電話で私のパート先に今から在籍確認をするという説明を受けました。私は思わず、消費者金融から勤め先に電話が掛かるのは抵抗がある事を伝えました。しかし、担当者の人が自分の個人名で電話をするので何の心配もない事を説明してくれました。

 

その説明を受けても多少の抵抗感はありましたが、どうしてもお金が必要だったので了承しました。その後在籍確認が終了して審査が終わったという連絡を受けました。カードは郵送で送ってもらう事にして後日、カードが届いてから近所のコンビニのATMを利用してお金を借りました。

 

おかげで、息子の部活に掛かる費用が工面出来て息子に不自由な思いをさせずにすみました。返済は、無利息期間に行いたかったのでパートを増やして無利息期間内に返済を終えました。パートでも借入が出来たので本当に助かりました。


更新履歴