MENU

自己破産とはどんな手続きなのか?

自己破産とは換価できる財産は失う代わりに全て借金をゼロにして貰える手続きのことです。多額な借金を抱えてしまってもう自力では返済できないと言った方によく自己破産が選ばれています。自己破産で借金問題を解決するには裁判所に申し立てることが必要です。

 

 

自己破産で免責されない事由ってあるのかなぁ・・・


裁判所から支払い不能であると認めて貰えると破産手続開始決定が下され、免責許可の決定が下されると借金がゼロになります。破産手続開始決定が下された方の殆どで免責許可されていますが免責不許可事由に該当している方は注意が必要で免責不許可事由には

 

 

  • 浪費やギャンブルが原因の借金
  • 株や先物取引を行うための借金

などが含まれています。借金の経緯によっては免責不許可となってしまうのですが、該当するからと言って必ず自己破産できないと言うわけでは無いです。それは裁判官によっては裁量で自己破産を認めてくれることもあるからです。

自己破産の手続きとデメリット

しかしクレジットカードの現金化など悪質な場合は裁量で認めてくれないことがあります。自己破産は殆どの方で縁のない手続き、あっても一生に一度だけの手続きです。そのため自己破産が必要になった時は専門家に依頼するのが一般的です。専門家には

 

 

  • 司法書士
  • 弁護士

があり司法書士のほうが費用が安いですが弁護士よりできる範囲が限られています。弁護士のほうが費用が高いですが司法書士よりできることの幅が広いです。できることは自分でやって費用を節約したい方は司法書士、全てお任せしたい方は弁護士を選ぶと良いです。

 

 

自己破産する前に確認しておくべき重要なことって・・・


給与を差し押さえされることはありませんし生活必需品は残されますので自己破産してもすぐに生活に困ることは少ないと言うメリットがあります。その代わりにブラックリストに掲載される、一部の資格や職業で制限されるなどのデメリットがあります。

 

 

連帯保証人を立てている借金がある場合はその連帯保証人に債権者からの一括請求が来てしまいます。


例え債務者本人の借金がゼロになっても連帯保証人には迷惑をかけてしまうので自己破産する前に確認しておくべき重要なことです。メリットデメリット良く考えてから自己破産を選んだほうが良いです。