MENU

特定調停の特徴やメリット・デメリット

債務整理には任意整理や個人再生や自己破産などの手続きがありますが特定調停もその中の手続きの一つです。特定調停は特定調停申立書などの必要書類を作成し、その必要書類を持参して簡易裁判所に申立を行い債務者と債権者で話し合いの上で合意を目指します。

 

 

調停委員が選出されその調停委員が間に入りますので債務者と債権者と1対1で話し合うわけでは無いです。


利息制限法の上限金利に基づいて引き直し計算、その結果減額された借金をどのくらいの返済期間で完済を目指すのか話し合いで決めていきます。任意整理でも利息制限法に基づいた引き直し計算が行われますので、特定調停と似ていますがいろいろな違いがあります。

任意整理との違いは?

任意整理では裁判所に申立は行わず債権者と任意で交渉する形となっています。任意整理では引き直し計算の結果、過払い金が発生していたら返還されますが特定調停では別に過払い金返還請求を行わないといけないです。その他にも

 

 

  • 任意整理より手続きが難しくなる
  • 債権者が同意しないと特定調停が成立しないことがある

などのデメリットがあります。その代わりに任意整理と同じように特定の債権者だけ選んで債務整理できるメリットがあります。

特定調停でなく任意整理を選択する理由

例えば住宅ローンやマイカーローンの債権者だけ外してマイホームやマイカーを残すと言った方法が使えるのです。さらに自己破産のように借金の原因を問われることが無い、他の債務整理より費用が格安で行えると言ったメリットも大きいです。

 

 

専門家に任せないで大丈夫かなぁ・・・


司法書士と言った専門家にご相談し、特定調停で解決できると言う場合は司法書士に依頼せずにご自身で手続きすると司法書士費用を節約することができます。しかし、特定調停では調停の日に簡易裁判所まで出廷する必要があるので仕事に支障が出かねないです。

 

 

デメリットを考えると専門家に依頼するのがベターです。


更に調停委員は借金問題の専門家ではありませんので債務者にとって不利な合意になる可能性があります。この為あまり特定調停を選ぶ方は少なく任意整理を選んでいる方のほうが多い現状となっています。