MENU

任意整理の仕方

個人の債務整理の方法はいくつかあります。主なものをあげれば

 

 

  • 自己破産
  • 民事再生
  • 特別調停
  • 任意整理

などです。このうち、自己破産、民事再生、特別調停は裁判所に申立を行う必要がありますが、任意整理は裁判所への申立を必要としない手続きで、利息制限法など法律の定めに従い本人の債務を再計算した上で、借金の減額や分割での支払いを、

 

 

任意(裁判外)で債権者(金融機関等借入先)と交渉し、借金問題の解決を図ります。


この再計算の時に払い過ぎがわかった場合が、いわゆる過払い金が生じた状態です。

有効的な任意整理を行う為には?

この手続きは、全額の支払いは難しくても、ある程度債務が圧縮されれば、

 

 

  • 支払いできる資金があるケース
  • 今後の家計で借金支払い分の資金を確保できるようなケース

に利用される方が多いです。他にギャンブルで借金を作った方、住宅ローンがあるがどうしても家を残したい方も利用されることがあります。司法書士や弁護士などの専門職の介入は、必ずしも必要としませんが、

 

 

債権者と債務の減額交渉や分割払いの交渉するのは困難な場面もあるかと思いますので専門職にお任せする方が負担が少ないです。


自己破産との違いと任意整理のデメリット

自己破産の場合は、

 

 

  • ギャンブル等で借金を作った場合等は免責されない(借金の支払い義務が残る)
  • 退職金金額等の確認作業があるため会社に自己破産することがばれる可能性がある
  • 保険外交員など一定の資格を喪失することがある

などの点で今後のご本人の生活で不利益となることがありますが、任意整理の場合はそれがありません。また、住宅ローンがある方が自己破産をされる場合、殆どのケースで住宅を手放すことになりますが、任意整理であれば交渉によっては住宅を残せる余地があります。

 

一方で、信用調査会社にご本人の事故情報(いわゆるブラックリスト)が登録されることは、自己破産等と変わりありませんので、

 

 

一定期間クレジットカードの作成、銀行での借入等が制限されます。


どういった手続きをするかは、ご自身の生活状況等を踏まえ、専門職の方と相談された方がいいかと思いますが、借金問題の解決は早いに越したことはありません。