MENU

生命保険でお金を借りる

生命保険と言うと病気やけがなどで入院した際や万が一不幸があった場合の為にあるものだけとは思っていませんか?

 

実は、生命保険では、お金を借りる事も可能なのです。この事は正確には契約者貸付制度と言い、解約返戻金額に対する一定の割合(およそ70%〜90%)のお金を借りる事ができる仕組みになっています。

契約者貸付制度

しかし、すべての生命保険でお金を借りる事ができると言うわけではなく、貯蓄性の生命保険に限られてきます。その為、掛け捨てのような生命保険ではお金を借りる事は出来ません。また貯蓄性の生命保険でも保険会社により

 

 

  • 可能かどうか?
  • 条件は?

などの違いもありますので注意してください。

契約者貸付制度のメリット

そんな、契約者貸付制度の最大のメリットと言えば、やはり利子になってきます。契約者貸付制度の場合、一般のカードローンなどと比べると低い利子でお金を借りる事が可能です。

 

 

通常生命保険(貯蓄型)の利率の1%〜2%上乗せした位の金利になります。


もちろん日銀の定める金利にも左右されますので大まかな目安として考えてください。どちらにしても急にお金が必要になった場合は、カードローンより生命保険などの貯蓄型の保険があるのであれば、契約者貸付制度を利用した方が非常にお得になってきます。

借りれるということは返済しなければならないですよね?

もちろん借りたからには返済しなければなりませんが、カードローンのように毎月決まった額を返済する必要がなく、お金の余裕がある時に返済する事も可能です。その為、ボーナス時期などにまとめて返済する事も可能なのです。

 

といっても、借りているお金に代わりはありません。必ず返済する必要がある事を忘れてはいけないのです。

返済しないとどうなるの?

契約者貸付制度は無担保借入ではありません。

 

 

生命保険の返戻金を担保に取られているのに等しいのです。


ですので返戻金額をを超えてしまう、超える前には保険が執行してしまう場合があります。預かっている範囲でお金を貸す訳ですから、それを超える前に手を打たないと保険会社も取り立てなければならなくなります。

 

なのでその前に保険効果を解除して保険会社の損失にならないようにしなければならないのです。返済すれば保険効果を復帰させることも出来ます。

 

また、利率が複利で適用される為、借りる期間が長ければ長いほど元金に利息を足したものに利率が適応されることになってくる事にも注意しなければなりません。

契約者貸付制度はしっかり利率を確認してから利用しよう

ごくまれに昔の金利が高い頃に入った生命保険だったりすると、逆に金利が高く付くこともあり得ます。ほとんどの場合はカードローンよりも金利は低くなりますが、しっかりとした返済計画がないことには折角の返戻金が目減りする一方になってしまいます。

 

いずれにせよ、契約者貸付制度の利率をしっかり確認し、返済計画と照らし合わせてカードローンとどちらが得なのかを吟味しなければなりません。