MENU

市役所からお金を借りるには生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が実施主体となっている制度です。生活福祉資金貸付制度は、

 

 

  • 低所得者
  • または高齢者・障害者

などの生活を経済的に支え、そしてその福祉および、社会参加の促進を図るといった目的があります。

都道府県内市区町村社会福祉協議会が窓口

都道府県内市区町村社会福祉協議会が窓口となり実施されていて、低所得世帯、または障害者世帯、高齢者世帯等世帯などの単位で、それぞれの世帯の状況から、その必要資金などを援助しています。

 

また、就職に必要とされる知識が必要な場合や、技術を習得するための就学、また介護サービスを受けるための費用など、経済的な援助だけではなく、世帯の相談支援なども行っています。生活支援費の場合には、

 

 

2人以上世帯では月20万円以内が貸付限度額であり、1人世帯では、月15万円以内となります。


また、貸付期間は原則3カ月で、最長12カ月以内となります。住宅入居費用は、40万円以内で、一時生活再建費は60万円以内となります。

 

ほとんどの貸付金が、連帯保証人があれば無利子になりますし、福祉資金、教育支援資金に関しては連帯保証人なしでも無利子となります。しかし、生活福祉資金貸付制度は誰でも利用することが出来るというわけではありません。たとえば、

 

 

  • 生活保護を受けているという方
  • 失業給付などを受給しているという方

対象外となります。また多重債務者であるという場合や生活を立て直すことが出来そうにない方など収入がないか、あってもかなり低いという方は貸付の対象外となってしまいます。

 

しかし生活保護などを受けているという場合には、その自治体で判断基準が異なるケースもありますので、まずは相談をすることが必要であるといえるでしょう。生活福祉資金貸付制度で借り入れを申し込む場合には書類が必要となります。

生活福祉資金貸付制度で必要な書類

まず、住民票など世帯の状況がわかる書類や、運転免許証などの本人確認書類、給与明細、源泉徴収票、税金の納付がわかる書類が必要となります。連帯保証人がいる場合には、これらの給与明細なども必要となります。

 

債務がある場合には、債務状況がわかる書類や、そのほかにも社会福祉協議会が、指定する書類が必要です。また、教育支援費ならば、在学証明書、住宅入居費の場合には、賃借契約書などが必要となり、相談に行けば必要書類に関しては指示が出るので、用意をする必要があります。

 

生活福祉資金貸付制度は無利子か低利子で借り入れをすることが出来るということで、大変メリットの大きい制度ですが、延滞してしまうとペナルティーとして、延滞利子が付きますので、これがデメリットです。

どうやって市役所からお金を借りるの?

我が家では、家が古くなってきているので、直さなくてはいけないような部分も出てきています。

 

外装の塗装もしなくてはいけないような状態になっているので、やはりこれからお金がかかってきそうなのです。

 

でも、仕方がないような部分なのできちんとしていこうと思います。整備をきちんとしておかなくては、後で困る事になります。家がだめになって建てなおすなんて事になってしまうと大変だと思うのです。

 

だから、これからは市役所からお金を借りる方法があったりするのであれば利用をしていきたいです。ローンでもないと、なかなか修理もできないと思うのです。

 

家が古い状態になって困る事がないようにちゃんと修理をしていきたいなと考えています。とりあえず、業者さんに見てもらって修理をしなくてはいけない部分は全部できるようにしていければいいのかなと考えています。

 

お金の面では、やはり心配な所があったりします。でも、きちんと修理ができるように頑張って業者さんもいい所を探していければいいなと感じています。