MENU

専業主婦が利用可能なカードローンとは?

現在は貸金業で総量規制が定められており、専業主婦が借入をすることが難しい時代になっています。総量規制では借入金額は収入の3分の1を超えてはいけないとされていますが、専業主婦は収入が0なので借入自体が不可能なのです。

 

 

今月ピンチだけどどこからも借りれないのかなぁ?


しかし総量規制の対象になっているのは消費者金融等で銀行は規制外です。そのため一部の銀行では専業主婦でも審査に通れば銀行のカードローンを組むことが可能です。

 

ただこれには夫に安定した収入があることが大前提で、その条件を満たしていても借入できない銀行も多くなっています。さらに借入の上限金額も最大30万円程度と少額の借入に限られてしまいます。

 

また、このほど金融庁からの指摘により、銀行カードローンですら専業主婦に申込める可能性が低くなってきました。近年自己破産者が増えてきているのは、銀行カードローンの貸し過ぎという判断を金融庁がしたため、現在は自主規制の段階ですが専業主婦はほとんどの銀行で申込めなくなってきています

 

 

なのでまだ申し込めるうちに当サイトで調査した専業主婦でもお金を借りることの出来る銀行カードローンに申込んでおくべきです。

銀行カードローンと配偶者貸付の違い

貸金業者からでは配偶者貸付制度を利用すれば専業主婦でも借入ができます。この制度は総量規制の救済策で、夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下まで借入れることができる制度。

 

銀行のカードローンより多額の借入が可能になります。銀行のカードローンとの違いは必要書類の差に表れますので注意が必要です。

 

 

  • 銀行のカードローン・・・本人確認
  • 貸金業者の配偶者貸付・・・本人と配偶者の関係を示す書類と配偶者の借入に対する同意書

なので、

 

 

夫にばれないように借りれないかなぁ・・・


という方には貸金業者の配偶者貸付では希望が叶いません。銀行のカードローンは本人確認書類のみ。つまり審査に通れば夫に内緒で借入が可能なのです。対して配偶者貸付は本人確認書類の他、夫婦であることを証明する書類(住民票、戸籍妙本など)、夫の同意書、夫の収入証明書が必要になりますので、まだかがりなく少ないですが専業主婦でもお金を借りることの出来る銀行カードローンに申込んでおくべきです。

配偶者貸付の取扱いが少ない理由

夫に内緒で借入は不可能ですし、夫が既に借入額の上限まで利用していれば借入できません。貸付する側も書類の煩雑さに対して収益が見込めないため、この制度自体を実施している業者が少数になっています。もちろん配偶者貸付は消費者が選べる制度ではなく、

 

 

貸金業者が適用するか否かを決める制度である為に需要がなければわざわざ適用させる貸金業者もないのです。


なぜ需要がないのかというと、主婦の声を聞けば分かります。

 

 

だって旦那に借入がバレるならいみないじゃん。


金利も銀行のカードローンの方が低く設定されるので、借入を考える場合は今のうちに専業主婦でもお金を借りることの出来る銀行カードローンを申込んでおく事をお薦めします。