MENU

旅行は専業主婦専用のキャッシングを利用!

今度、私は友達と旅行の計画をたてたのですが、予算がちょっと足りない状況です。

 

でも、やはり友達と楽しく旅行に行くのですから、ここはケチらずにいきたいなと感じています。

 

旅行は楽しむものなので、行きたい場所に行ければいいのかなと思います。

 

沖縄旅行なんてなっているのですが、やはり沖縄まで旅行に行くとなると、高いんだなと感じました。

 

飛行機を利用をしなくてはいけないので、仕方がないものなのかもしれません。ゆっくすりと、仕事の疲れなどがとれそうなので、沖縄は楽しみにしています。

 

今は、専業主婦のカードローンを使えばとりあえず旅行は行けるのかなと思います。旅行に行っても、またおこずかいなども必要になるので、ここはちゃんと旅行を楽しめればいいなと思います。

 

旅行を楽しんで、たくさんいい思い出が残せるようになれればいいです。なかなか友達同士で旅行も難しいので、楽しめるようになれればいいなと思います。長い事旅行に行けてない分すごく楽しみになっています。

なので専業主婦でも旦那に内緒でキャッシングしたい!

主婦だから旦那に養ってもらっているから何に使うのか疑問に感じると人もいるかもしれませんが、女性は何かとお金が必要な生き物なのです。例えば、旦那が仕事帰りに同僚と飲みに行くのと同じように、

 

 

女性側もランチに行って女子会をしたいのです。


家計のお小遣いでやりくりしようにもそう単純な問題ではなく、ランチ一つにしても女性は、ヘアケアやファッションも万全に整えて出かけたいと誰もが思います。男性と違い、いつもスーツを着ていれば何とかなるわけではないので、洋服やそれに合うバックや靴も必要です。

 

 

言い出せばキリがないくらい女性は、お金が必要です。


そんな自分に使うお金が必要な専業主婦やパート主婦は、どうすれば旦那にバレずにお金を借りられるかということですが、まずは絶対に知られないように万全の対策を練るという意識や心構えが必要です。

 

最初は用心して、明細書なんかも処理しますが慣れてくるとつい気が緩んでしまい、そういった時に旦那にバレてしまいます。パート主婦なら明細は会社の方に送ってもらうようしてもいいかもしれません。

 

専業主婦の場合は、借りる段階から難しい問題が色々と立ちはだかるかもしれませんが、完全に専業主婦という肩書きではなく短期間だけパートに出て、その期間に借りる手続きをしてしまえば、旦那にバレる確立は低くなります。

 

 

しかしパートでカードローンを申込む場合は、安定収入が必要ですので短期パートでは申込む事ができません


パートやアルバイトで安定収入があれば、単身者でも借りられるところがあるので、旦那という保険があれば絶対に大丈夫です。お金を借りるといえばカード会社や銀行からと思いがちですが、仕事先からという選択もあるでしょう。

 

そういった職場は限られてくるかもしれませんが、職場に話し、貸してくれなければカード会社や銀行からの身元引受人の立場になってもらうのです。そうすれば旦那にバレることはありませんね。

 

お金は際限なく借りるのではなく、いくらまでと自分の中で決めておけば月々返していくことも可能なので、目的を持って借りましょう。また必要になった時は、その都度借りるというスタイルにすればバレる確立は断然下がりますよ。

専業主婦の割合は産休をとるか辞めるかで大きく分かれる

専業主婦は日本では3分の1位で、昔に比べると減っているようです。周りでも、結婚と同時に専業主婦になる人はほとんどいないのですが、

 

 

  • 出産を機に仕事を辞めるか?
  • 産休と育休を取るか?

でその先が分かれている傾向にあります。出産を機に辞めたタイプは、そのままひとまず幼稚園に入るまでは専業主婦を続ける人が多いようです。その間に第2子が生まれると、また社会復帰するタイミングを延ばす傾向にあると思います。

 

反対に、産休と育休を取ったタイプは、会社によっては期間も短いのですが、大抵は1年程で復帰するため保育園に預けます。再び第2子の妊娠などで産休と育休を取ったとしても同じように復帰します。それは、復帰しないと第1子も保育園に預けられなくなるという仕組みがそうさせているのです。

 

 

昔から3歳ぐらいまでは子供の側に


という考えがあるので、重視する人は専業主婦になって、間が空けば空くほど社会復帰しづらくなります。また、保育園も3歳までは保育料がかなり高いので、パート程度の収入では割に合わないことも関係していますし、そもそも保育園が空きがないのが現状です。

 

資格や技術がある人は別として、ほとんどの人がパートの仕事を選択するようです。ある程度、夫の収入だけでやりくりできるのであれば専業主婦も増えるはずなので、年収が高い配偶者の妻の専業主婦率は高くなると思います。また、子供が3歳までの世帯では、他の年令の子供をもつ世帯に比べて専業主婦率が高まると思います。