MENU

主婦の経験を活かしたパートの仕事

もちろん経験や持っている資格、それに人柄にもよりますが主婦が活躍している職場と聞いて多くの人は

 

 

接客業や製造業をすぐに思い浮かべます。


接客業は文字通り人と接することが多い仕事です。主婦の立場にある人は何かと人と接することが多いものです。お子さんの授業参観でたくさんの父兄や先生と接することがありますし、自分の子供の友達と接することも多いでしょう。

 

それで主婦の立場にある人は知らず知らずのうちに上手に人と接する術を身につけており、それを仕事で活かす方向で物事を考えます。そのためウェイトレスや販売員などの接客業は主婦に人気のパート職の一つです。

 

また主婦は細かな作業を行うことに優れています。これは家庭で日々行っている仕事によって訓練された賜物でしょう。このようなスキルを活かして軽作業を行う製造工場で働く主婦も大勢います。製造工場はお店やレストランとは違ってお客さんに気を使わなくてもよいということから、この仕事を好んで行う主婦も大勢います。

 

また事務仕事も主婦に人気のパート職の一つです。結婚前に事務仕事をしていたという主婦は多く、経験があることからこの仕事に就きたいと感じる人が大勢います。

 

また体力に自信がないゆえにオフィスワークを希望するという主婦も大勢おり、それが事務仕事人気につながっています。いずれにせよ主婦という立場ゆえの経験が活かせる仕事はたくさんあり、実際にそのような場所で多くの主婦が活躍しています。

プロミスでパートやアルバイトが申込む条件とは?

消費者金融の中でも代表的な業者のひとつであるプロミスは、誰でも手軽に申し込むことができるという特徴を持っています。もちろん誰でも手軽に申し込むことができるとはいえ、どんな人でも無条件に貸付を行っているわけではありません。プロミスを利用してお金を借りることができるのは、

 

 

安定した収入を持っている人というのが第一条件となります。


逆にいえば、安定した収入があればパートやアルバイトで収入を得ている人であってもパート・アルバイトでも借入を受けることができます。もちろんパートやアルバイトで収入を得ているからといって、正社員として働いている人と比べた場合に借入を受けるための条件には差はありません。

 

あるとすれば、プロミスが「総量規制」という法律の規制を受けるという点。総量規制とは、消費者金融などの貸金業者でお金を借りる際の上限金額を定めた法律のことであり、

 

 

この法律によると年収の3分の1を融資可能な金額の上限として規定されています。


パートやアルバイトの人がプロミスを利用してお金を借りる場合、適用される金利や返済の金額などといった基本的な部分についての差はありません。アルバイトだからといって適用される金利が高くなったり、毎月の返済額が多くなったりといったことはありませんが、総量規制の関係から借入を受けることができる金額に差が出てきます。

 

もちろん中には例外もあるものの、ほとんどの場合パートやアルバイトで収入を得ている人のほうが正社員で働いている人に比べるとトータルの年収では低くなるのではないでしょうか。

 

ボーナスなどもない場合があることを考えると、どうしてもパートやアルバイトで働いている人の場合は正社員で収入を得ている人に比べるとプロミスで借りることができる金額は低くなるのが現状です。

 

もちろんこれは法的な問題もさることながら、収入が少ないことを考えるとあまり高額の借入をしないに越したことはありません。いずれにしても、パートやアルバイトであってもお金を借りるための選択肢としてプロミスが選べるのはメリットであるといえるでしょう。

自営業者でもプロミスで借りれる?

パートやアルバイトが借入弱者であるのであれば、自営業者も借入弱者とも言えます。自営ならお金持ちでしょ?と言う考え方は一般的なサラリーマンの見方であり、

 

 

金融業者から見ると収入の安定しない事業に左右される収入


ということになってしまいます。更に消費者金融をはじめとするカードローンでは事業性の利用使途は認めていません。ですがプロミスなら自営者カードローンがあり、限度額は低くなりますがプロミスの限度額が高くなる前の条件(金利:実質年率6.3%〜17.8% 最高借入可能額:300万円)で借りる事ができます。